ひとりごとTwitterのいわゆる一連のツイート、というやつをまとめています
記事一覧アーカイブギャラリー
2013-4.14 Sun 00:00
130414 フランシスベーコン展に行きました
フランシス・ベーコン展に行ってきた。
人間の意義ごと否定しているような、存在することだけが意義だと言い放たれているような。
人間の外側の殻は描かれず、人間の存在が描かれることによって示されている。
プライドとか知識とか地位とかに意味はなくて、揺らぎながらただそこにいるものが人間。
尊敬する人(または彼にとって存在がよりはっきりしている人)ほど
人間の形を保って描かれているのかもしれない?
人間は基本的に哀れでかわいそうな生き物であり(ただし人間のことは嫌いじゃない)、
変化し続けることを止められないし変化し続けるということが変化しない
その変化が自発的であっても外的な要因からであっても。
具象的な細密画よりもずっと単純。入り組んでいるように見えて彼はただ率直に人間を描きたいだけ。
動いていたらそこにとどまっていないから当然形は歪むし、
変化していく生き物だからぴったり止まっているわけはない。
目に見える形を写しとるのではなく存在エネルギーを写しとることが目的なんだと思う。
我ながらわけわかんねー事言ってると思うけど、とにかくそう見えた。
あくまで知識もない個人の感想だから信じすぎないでね。

http://twitter.com/mamimumeso/status/323444624955936769
http://twitter.com/mamimumeso/status/323444644392341505
http://twitter.com/mamimumeso/status/323444663187013633
http://twitter.com/mamimumeso/status/323444681486786561
コメント投稿の受付は終了しました。
モバイル版GoogleSitemap管理ページ
QLOOK BLOG
QLOOKアクセス解析