ひとりごとTwitterのいわゆる一連のツイート、というやつをまとめています
記事一覧アーカイブギャラリー
2013-3.5 Tue 00:00
130305 会田誠展に行きました
会田誠展、良かった。
自分は学生だから醍醐味であるR18コーナーに入れないというのが
ほんとうに不本意だけど、そこに入らずともじゅうぶんに堪能した。
とくに好きだったのは「日本語」「書道教室」に始まる黒い壁の部屋で、
絵画でいちばん興味を引かれたのは壁一面を埋める大きさの「ジャンブル・オブ・100フラワーズ」。
黒い壁の部屋に展示されていた作品に共通して見たのは、ある一定の馬鹿馬鹿しさだった。
すごい人の作品だから、と気張って鑑賞体制に入るも、
見ているうちに「えー、なんだよそれ」と思わず口にしたくなるような。
それを大真面目に芸術として鑑賞し、必死にメッセージを受け取ろうとする自分を含めて
ナンセンスなギャグ(という形でのメッセージ)が完成したことに気づいてから、
やっぱりすごい人なのだなあと思い直させる作品たちであった。
あと、ビン・ラディンとか自殺未遂マシーンとか、一人デモマシーンが最高。
あの場じゃなかったら爆笑してたし家に欲しい。
「ジャンブル・オブ・100フラワーズ」は、自分が見る女の子(の集団)の理想像というのを
あの絵に見た。ついに見つけた、と思った。
そうそうそう、そうなんだよ、女の子ってみんなニコニコしてキラキラしてきゃっきゃして、
狙撃したら弾けて中につまったそれぞれのキラキラが飛び散るんだよ。それなんだよ。
どこまでも勝手な女の子像だけど、こう見えている人って少なくないと思う。
女の子は夢だから。正直会場にいた時よりも思い出している今のほうがテンションが上がっている。
これは二周目の価値もありそうだ。

http://twitter.com/mamimumeso/status/308956140753018880
http://twitter.com/mamimumeso/status/308956185543995392
http://twitter.com/mamimumeso/status/308956226014818304
http://twitter.com/mamimumeso/status/308956254880018433
http://twitter.com/mamimumeso/status/308956281757106176
コメント投稿の受付は終了しました。
モバイル版GoogleSitemap管理ページ
QLOOK BLOG
QLOOKアクセス解析